葉酸サプリを徹底比較!妊娠中・授乳中ママに最適な葉酸サプリは一体どれ?

葉酸サプリ徹底比較

これまで、いつかのお話で「葉酸」の大切さをお伝えしました。妊娠中のママにとって特に大切な葉酸は、実は普段の食事だけでは必要量を補うことができず、厚生労働省も妊娠中や授乳期は必要量を補うために葉酸サプリを摂取することを推奨しているのです。今回は、そんな葉酸サプリを選ぶ前に知っておきたい葉酸の正しい知識結局どんな葉酸サプリを選べば良いのか?についてまとめました。国内で販売されている葉酸サプリについて徹底的にリサーチして比較したので、葉酸サプリの購入を検討していた方は是非参考にしてみてください。

葉酸サプリを選ぶ前にしっておきたい葉酸の正しい知識

妊娠中や授乳期のママがよく耳にする「葉酸」は、積極的に摂取したい栄養素として様々なメディアで紹介されています。葉酸はビタミンB群の一種で、細胞を新しく作ったり再生するために必要な栄養素です。体内の代謝と深く関係していると言われており、身体の発育を促す効果があります。1日に摂取したい葉酸の量は15歳以上の女性で240μg(0.24mg)ですが、妊娠時には400μg(0.4mg)、授乳中は340μgと通常時よりも多い量が必要だと言われています。

葉酸の別名は「造血ビタミン」
葉酸は「造血ビタミン」とも言われており、血を作り出している骨髄の細胞分裂を促す作用があります。妊娠中は胎児の成長を助けるために、授乳中は赤ちゃんの発育に欠かせません。血が不足しがちだと言われる妊娠中や授乳中のママにぜひ積極的に摂取してほしい栄養素です。

葉酸の多く含まれる食材(100gあたり)

  • 枝豆(茹で) … 260μg
  • モロヘイヤ(葉・生) … 250μg
  • ホウレンソウ(葉・生) … 210μg
  • 豚レバーペースト … 140μg

妊娠中・授乳中に葉酸が必要なのはなぜ?

妊娠中と葉酸の関係

人の体の成長に欠かせない「葉酸」は、妊娠中に不足するとお腹の中の赤ちゃんにとって危険な状態になります。特に胎児の脳や脊髄を作り始める妊娠初期に関しては、葉酸が不足すると先天障害の一つである神経管閉鎖障害の発症リスクが高まるとされています。

神経管閉鎖障害とは
中枢神経系の基盤である神経管の一部が塞がり、脳や脊髄などに起こる先天異常のことを指します。妊娠4週目頃の細胞分裂が頻繁に行われている頃に起きやすい障害です。神経管の上部で閉鎖障害が起こると脳が正常に発達せず「無脳症」となり、流産や死産のリスクが高まります。神経管の下部で閉鎖障害が起こると「二分脊椎」と判断され、下半身の障害や消化気管系の障害が起こるケースがあるようです。

授乳中と葉酸の関係

赤ちゃんは母乳を飲んで成長していきます。その母乳から葉酸を摂取できないと、赤ちゃんは脳や神経系の発達が遅れる可能性があります。1年間で生まれた時の1.5倍の身長・3倍ちかく体重が増える赤ちゃんは、葉酸が持つ栄養素を糧にして頻繁に細胞分裂を起こして成長しています。赤ちゃんを母乳で育てたいと思っているママにとって葉酸は必要不可欠です。また、産後の体の回復にも役立ちます。

厚生労働省も不足する葉酸をサプリメントから補うことを推奨

とはいえ、1日で必要な量である葉酸(妊娠中は400μg、通常は240μg)を食べ物から摂取するのはなかなか難しいでしょう。とくに葉酸が必要とされるのは妊娠初期と言われていますが、つわりなどの体調不良でなかなか食事をとれないという人もいます。そこでおすすめなのは手軽に葉酸を摂取できる「葉酸サプリ」です。厚生労働省も、普段の食事では補えない葉酸をサプリメントから補うことを推奨しています。私自身も妊娠中から産後の授乳期まで、ずっと飲み続けていました。サプリメントなので手軽に飲めますし、いつでも持ち運べるので、実家に泊まりに行った時でも続けて飲むことができました。ただしあくまでも栄養補助としてのサプリメントなので、つわり中の人をのぞいて、基本の食事はしっかりバランス良く食べることも忘れないようにしましょう。厚生労働省が提唱している葉酸の必要量については後ほど詳しく書きますが、通常の食事で必要な葉酸を摂取できる事を前提としてサプリメントで補給することを推奨しています。

葉酸にも種類があるって本当?

各メーカーの葉酸サプリにはパッケージに「天然葉酸」「合成葉酸」いった表示をしています。妊娠中や授乳中に効果があるのはどちらの種類なのでしょうか?厚生労働省が発表している「妊産婦のための食生活指針」の策定について書かれている文書や、葉酸サプリに詳しいサイトによると下記のように分類されています。

ポリグルタミン酸型の葉酸(天然葉酸)

純粋な意味での天然葉酸はポリグルタミン酸型の葉酸と言われ、野菜などの食品中に含まれる葉酸です。しかしながら、人間の身体はこの天然葉酸をそのまま吸収できません。実は食品中に含まれる葉酸は消化の過程で後述するモノグルタミン酸型に変化して吸収されます。代謝を繰り返す中で、身体に取り込まれるのは50%程度と言われています。

モノグルタミン酸型の葉酸(合成葉酸)

合成葉酸はモノグルタミン酸型の葉酸と呼ばれます。体内への吸収率が天然葉酸に比べて高いため、厚生労働省で推奨しているのは実はこちらのタイプの葉酸なのです。天然葉酸の吸収率が50%程度であるのに対して、合成葉酸は85%程度が身体に吸収されます。合成というと印象はよくないかもしれませんが、科学的には人体への悪影響がないことが判明されていますし、妊娠中や授乳中に摂取しても問題ありません。むしろ、厚生労働省が特に妊娠初期の頃に摂取を推奨しているのは、吸収率の良いモノグルタミン酸型です。

天然素材だから良い!のフレーズに要注意
ネット上には、葉酸サプリは天然葉酸を選びましょう!というフレーズもよく見かけますが、一概にそうとは言えず、これは天然葉酸の葉酸サプリを売り込むための売り文句です。感覚的には「天然素材の方が安全なのでは?」というイメージで持つ方も多いかもしれません。しかしながら天然・自然素材のサプリメントでも、濃縮の過程で農薬などの有害な毒素や不純物が混ざる可能性があり、一概に天然だから安全とは言えません。安全かどうかは徹底した衛生管理の元でサプリメントが製造されているかどうかが重要です。天然という言葉だけに惑わされないようにしましょう。

モノグルタミン酸型の葉酸にも「天然型」と「化学合成」の2種類がある

さらに、この合成葉酸にも2種類あり、野菜や果物など天然素材をモノグルタミン酸型の葉酸に変えて作った「天然型」のものと、石油由来の成分や化学物質からつくった「化学合成」のものがあります。前者の天然型は、生の野菜や果物を摂取した時に体内でポリグルタミン酸型からモノグルタミン酸型に変わって吸収されるその変化を、事前に再現してサプリメントにしたものと考えると分かりやすいでしょう。天然型の一例として、例えばベルタ葉酸サプリは酵母で醗酵培養させた栄養価の高い「天然型酵母葉酸」です。

天然葉酸と合成葉酸、更には天然型・化学合成をどうやって見分ける?

色々な葉酸サプリを調査して思ったことですが、この違いを見分けるのは本当にとっても難しいです…。各メーカーで表記が統一されておらず、曖昧な表現が使われていることもあり、商品説明や原材料項目をじっくり読まないと判断が付きませんでした。

まず、見分け方として分かりやすいのが、サプリメントの原材料名の箇所に「葉酸」と書かれているかどうかを確認することです。葉酸の表記があれば、それのサプリメントには少なくとも「モノグルタミン酸型の葉酸(合成葉酸)」が含まれている事は確定できます。(天然型か化学合成かはさておき、です。)その他には「天然型酵母葉酸」と書かれている場合は、天然由来のモノグルタミン酸型葉酸と判断できます。

天然葉酸がそのまま摂れてしまう(つまり、天然にこだわった結果なのか、体内吸収率を上げる工夫をしていない)サプリメントもあるようなので、悩ましいです。原材料名に「葉酸」と書かれておらず、無添加にこだわり野菜や果物などの名前のみが列挙されているサプリメントにはこの傾向があります。加えてこのようなサプリメントは、天然素材を使っているため値段も高い傾向にあります。

但し、オーストラリアで過去に化学合成の葉酸サプリを妊娠後期に大量摂取(1000μg/1日)した際に胎児の小児喘息のリスクが高まったという研究結果が出ています。もちろん、大量摂取しなければこのような問題が発生するリスクはありませんが、妊娠中期〜後期は天然葉酸または天然型のモノグルタミン酸型葉酸を摂取した方が気持ち的には安心できるでしょう。

結局どんな葉酸を選べば良いの?

神経管閉鎖障害などの発症を防止して健全な赤ちゃんを産むために、厚生労働省が提唱している葉酸サプリの摂取量は以下の通りです。時期別に表でまとめてみました。

摂取期間葉酸サプリからの
推奨摂取量
この時期の葉酸に期待する効果(働き)
妊娠前・妊活中(妊娠計画時期)400μg / 1日子宮内膜を厚くすること(強化)による着床率の向上や受精卵保護による妊娠力の向上
臨月~妊娠3ヶ月
(特に推奨!)
400μg / 1日出生児の神経管閉鎖障害のリスクを70%低減させる他、自閉症のリスクの低減、流産リスクの低減等
妊娠初期:4ヶ月400μg / 1日自閉症のリスクの低減・流産リスクの低下・子宮内胎児発育遅延予防・貧血予防
妊娠中期:5~7ヶ月240μg / 1日血中のホモシステインを抑制し流産のリスク低減・早産予防・妊娠高血圧症候群予防・貧血予防
妊娠後期:8~10ヶ月240μg / 1日貧血予防・免疫機能や消化管機能の向上
授乳期100μg / 1日造血効果による母乳の出の向上・産後の子宮回復力の向上

摂取を推奨しているのは、サプリメントから取得できる合成葉酸(モノグルタミン酸型の葉酸)です。妊娠1ヶ月前〜妊娠3ヶ月頃までは、特に葉酸の摂取が進められています。この時期に、サプリメントから取得したい葉酸は 400μg /  1日です。妊娠後期になると、推奨摂取量が減って 240μg / 1日 に、そして授乳期には更に減って 100μg / 1日 となっています。

これまたややこしいですが、厚生労働省は合成葉酸以外にも野菜や果物など通常の食べ物から240μg / 1日の葉酸(天然葉酸)の取得を推奨しています。つまり、1日の食事から摂れる葉酸の量(240μg)に加えて、葉酸サプリで必要に応じて補ってね、というスタンスです。

更に、葉酸の過剰摂取は控えるべきともしており、1日あたり1000μg未満に抑えるべきともしています。前述した過剰摂取による胎児の小児喘息のリスクですね。それ以外にも、葉酸を摂取し過ぎた時に起こる副作用には、食欲不振・吐気・むくみ・不眠症などが挙げられています。

まとめると、葉酸の推奨摂取量は以下となります。

妊娠前 〜 妊娠初期の葉酸摂取推奨量

240μg (通常の食事) + 400μg (サプリメントなど)、合わせて1000μg未満

妊娠中期〜妊娠後期の葉酸摂取推奨量

240μg (通常の食事) + 240μg (サプリメントなど)、合わせて1000μg未満

授乳期の葉酸摂取推奨量

240μg (通常の食事) + 100μg (サプリメントなど)、合わせて1000μg未満

葉酸配合量以外に意識すべきポイントは?

ちょっと複雑ですが、葉酸の種類や時期によって摂取すべき量については、ここまででご理解頂けたかと思います。更に葉酸サプリを選ぶ際には、葉酸そのもの以外にもいくつか抑えておきたいポイントがあります。

ビタミンB(B6、B12)とビタミンCが含まれているか?

この中で最も意識したいのは「ビタミンB12」です。ビタミンB12は葉酸と協力関係にある成分で、葉酸の再利用を助ける作用を持っています。妊娠中の貧血予防・防止にも効果があり、葉酸サプリを飲むなら是非合わせて摂取したい栄養素です。また、ビタミンCも同時にバランス良く摂取すると、お互いの働きを助ける効果があります。最後のビタミンB6の摂取はつわり対策になるので、これも含まれているとママにとっては嬉しいですね。

妊娠時に摂取NGの栄養素が含まれていないか?

妊娠時に(過剰に)摂取してはいけない脂溶性ビタミンとして、ビタミンA・ビタミンE・ビタミンD・ビタミンKなどがあげられます。特にビタミンAについては、妊娠時に1日3000μg以上を連日摂取した場合、胎児の奇形リスクが高まるとされています。このような摂取NG栄養素が含まれていないか?も選ぶ際のポイントとなります。少量であれば問題ありませんが、サプリメントの中に大量に含まれている場合は注意が必要です。

危険度の高い添加物や材料がサプリメントに使われていないか?

添加物が全て悪い!とは一概には言えません。添加物の中にも、広く使われており安全性の高い物が存在します。サプリメントを作るにあたっては、増粘剤や賦形剤など錠剤として固める成分としての添加物も、ある程度は必要になります。詳細な判断は各成分を見て確認する他ありませんが、食品添加物を極力使っていないサプリメントの方が、赤ちゃんに栄養を届けるママとしては安心できますよね。

品質管理が徹底されている工場で作られているか?

健康食品の品質を見定めるための工場の規格の1つとしてGMPマークがあります。GMPとは、Good Manufacturing Practice の略称であり、原料・製造・出荷の各過程においてサプリメントが安全に作られ、品質をキープできるように定期的なチェックが行われている事を証明してくれます。厚生労働省からも、GMPマークのついた健康食品を積極的に選びましょうという通達が出ています。GMPマークが付いていれば、パッケージに記載された原材料と違う物が含まれていた…!というリスクは極力無くなるはずなので、安心してサプリメントを飲むことができますね。GMPには、一般的な健康食品の製造で適用される「健康食品GMP」と、それよりも更に基準の厳しい「医薬品GMP」があります。

ママの時期別で意識したいポイント

上でも書いた通り、ママに必要な葉酸量は時期によって変わってきます。また、サプリメントに求める特性や葉酸以外の摂取したい栄養素についても、妊娠前〜初期、妊娠中後期、授乳期で微妙に異なってきます。

妊娠前〜妊娠初期の葉酸サプリ

葉酸の量は1回分で400μg摂取できるものを選びましょう。葉酸の働きをサポートしてくれるビタミンB12とビタミンCも一緒に含まれているサプリメントが良いでしょう。この時期はつわりもあり、ママによっては食べ物のにおいなどに普段以上に敏感になります。きついにおいのサプリだと気分が悪くなる恐れがあるので、なるべくにおいが少なく飲みやすいサプリメントが良いでしょう。つわり対策となるビタミンB6も積極的に摂取したい栄養素です。サプリメントに鉄分が含まれていればもちろん嬉しい(1日で8.4mgの摂取が推奨)ですが、後述する妊娠中後期よりは鉄分の必要量は少ないです。

まとめると…

  • 葉酸が400μg以上摂取できるサプリメントを選ぶ
  • ビタミンB12とビタミンCが含まれているサプリメントを選ぶ
  • においの少なく飲みやすいサプリメントを選ぶ
  • ビタミンB6が含まれているサプリメントを選ぶ
  • 鉄分やカルシウムがある程度は含まれているサプリがベター

妊娠中期〜妊娠後期・授乳中の葉酸サプリ

葉酸が1回で240μg以上含まれているサプリメントを選ぶことがポイントです。これは、ほぼ全ての葉酸サプリでクリアできている水準です。ビタミンB12やビタミンCも、妊娠初期の頃同様に同時摂取したいところです。合成葉酸の過剰摂取で胎児の小児喘息リスクも高まった結果が出ているので、妊娠中後期は天然葉酸または天然型のモノグルタミン酸型で摂取するのが良いでしょう。妊娠中後期は妊娠初期以上に鉄不足が深刻となります。その推奨摂取量は1日で21.5mg。なんと通常時のおよそ3倍です。この時期に鉄分不足に悩まされるママは多いので、サプリメントを使って積極的に賢く栄養補給をしましょう。その他、

まとめると…

  • 葉酸が240μg以上摂取できるサプリメントを選ぶ
  • 天然葉酸または天然型のモノグルタミン酸型の葉酸を選ぶ
  • ビタミンB12とビタミンCが含まれているサプリメントを選ぶ
  • 鉄分やカルシウムがたくさん含まれているサプリメントを選ぶ

日本で販売されている葉酸サプリを徹底比較!

上記のポイントを意識しながら、国内で取扱がある葉酸サプリについて調査・比較をしてみました。(国内で買えるメーカーを調べられる範囲で全て調べたので、かなりのボリュームになってしまいました…。長文をご容赦下さい。今後、新しい葉酸サプリが発売された場合も追記予定です!)

徹底調査した葉酸サプリ一覧

  1. ドクターズチョイスのオーガニック天然葉酸
  2. 女性100人の声から生まれたAFC葉酸サプリ
  3. 美タミーナ 葉酸サプリ+
  4. ゆめやの葉酸サプリ
  5. ベルタ葉酸サプリ
  6. パティ葉酸サプリ
  7. ママニック葉酸サプリ
  8. オーガニックレーベルの葉酸
  9. 国産野菜の葉酸サプリ Lara Republic
  10. エテルノ 葉酸サプリ
  11. 美人通販の葉酸
  12. はぐくみ葉酸
  13. めぐりの葉酸
  14. 美的ヌーボの葉酸サプリ
  15. DHC葉酸サプリ
  16. ピジョン葉酸サプリ

葉酸サプリ比較表

調査した葉酸サプリの比較表です。以下項目の観点で比較検証ました。

  • 葉酸の配合量
  • 1パックあたりの金額
  • 配合されいている葉酸の種類
  • 摂取したい栄養
  • NG栄養
  • 添加物
  • 品質管理
  • 飲みやすさ

その上で、妊娠前〜妊娠初期妊娠中後期〜授乳期のそれぞれで評価を付けています。

#葉酸サプリ名配合量
------
金額
種類
------
栄養
NG栄養
------
添加物
品質管理
------
飲みやすさ
1ドクターズチョイス
ドクターチョイスの葉酸

400μg(2粒)
60粒(30日分)

天然由来(オーガニックレモン)

特になし

GMP認証
3980円〜/1個
ビタミンB6・B12・Cなし

二酸化ケイ素あり

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:C 妊娠中後期・授乳期:B-
2AFC葉酸サプリ
AFCの葉酸

400μg(4粒)
120粒(30日分)

天然由来
(酵母由来)

ビタミンDを7μg

GMP準拠
1,800円/1個
B12・B6・C全て配合、鉄やカルシウムも

増粘剤等を添加

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:A 妊娠中後期・授乳期:A
3美タミーナ葉酸+
美タミーナ

400μg(2粒)
60粒(30日分)

天然由来
(葉酸含有酵母)

特になし

GMP・HACCP準拠、有機JAS認証で安心
3980円〜/1個
初回無料(送料のみ)

ビタミンB12なし

添加物が多い

ニオイなし、粒はやや大きめ
妊娠前〜妊娠初期:B 妊娠中後期・授乳期:B
4ゆめやの葉酸
ゆめやの葉酸

400μg(4粒)
120粒(30日分)

天然由来
(酵母葉酸)

少量のビタミンDを含む

GMP準拠
3,180円〜/1個
ビタミンB6・B12・C、カルシウム・鉄も含む

無添加

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:A 妊娠中後期・授乳期:A+
5ベルタ葉酸サプリ
ベルタ葉酸

400μg(4粒)
120粒(30日分)

天然由来(酵母葉酸)

ビタミンEは含まれているが配合量に配慮

医薬品GMPで製造、農薬検査済
3,980円/1個
B12・B6・C全て配合、アミノ酸や美容成分も含む

香料・着色料など無添加

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:A+ 妊娠中後期・授乳期:A+
6パティ葉酸サプリ
パティ葉酸

400μg(4粒)
120粒(30日分)

天然由来(葉酸含有酵母)

気になる点なし

GMP準拠・放射能検査あり
3,780円/1個
B12・B6・Cを含むが少ない

気になる添加物なし

ややニオイと苦みあり、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:C 妊娠中後期・授乳期:B+
7ママニック葉酸
ママニックの葉酸

400μg(4粒)
120粒(30日分)

不明

ビタミンDを含む

GMP準拠、放射能、農薬検査済
3,500円〜/1個

B12・B6・Cを含む、栄養素バランス良好

気になる添加物なし

少し苦味あり、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:B 妊娠中後期・授乳期:B
8オーガニックレーベル
オーガニックレーベルの葉酸

400μg(2粒)
60粒(30日分)

天然由来(穀物由来)

控えるべき高麗人参など

GMP取得
3,960円/1個
その他栄養素の配合量が不明

100%無添加!

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:C- 妊娠中後期・授乳期:C-
9Lara Republic
lararepublicの葉酸

400μg(4粒)
120粒(30日分)

不明

気になる点なし

GMP準拠、残留農薬・放射能検査済
2,980円/1個
B12・B6・Cを含む、栄養素バランス良好

気になる添加物なし

小粒だがニオイ強め
妊娠前〜妊娠初期:B+ 妊娠中後期・授乳期:B
10エテルノ葉酸
エテルノ葉酸

450μg(4粒)
120粒(30日分)

天然由来(酵母型葉酸)

ビタミンDを少量

GMP準拠
3,500円〜/1個
B6なし、その他は良好

気になる添加物なし

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:C 妊娠中後期・授乳期:B+
11美人通販の葉酸
美人通販の葉酸

400μg(3粒)
90粒(30日分)

天然由来(酵母型葉酸)

気になる点なし

GMP取得
3,960円〜/1個
初回0円(送料も無料)

天然成分が多いため不明

気になる添加物なし

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:C+ 妊娠中後期・授乳期:B-
12はぐくみ葉酸
はぐくみ葉酸

500μg(3粒)
90粒(30日分)

天然由来
(オーガニックレモン)

脂溶性ビタミンなし

GMP準拠、安全性の試験を定期実施
3,980円/ 1個
初回のみ1,980円

B12・B6・C全て配合、鉄分やカルシウムも配合

気になる栄養素なし

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:A 妊娠中後期・授乳期:A
13めぐりの葉酸
めぐりの葉酸

200μg(3粒)
90粒(30日分)

天然由来(酵母)

具体的な記載なし

GMP準拠
3,980円/1個
初回630円

具体的な記載なし

具体的な記載なし

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:C- 妊娠中後期・授乳期:C
14美的ヌーボ
美的ヌーボプレミアム

400μg

天然由来(酵母・他天然原料)

ビタミンAが625μg、ビタミンDやEも多く含む

GMP基準、但し農薬検査なし
6,912円/1個
B6が過剰、マルチにたくさんの栄養

気になる添加物なし

ニオイあり、粒が大きく形がバラバラ
妊娠前〜妊娠初期:C 妊娠中後期・授乳期:C
15DHC葉酸サプリ
DHCの葉酸

400μg

化学合成の葉酸

特になし

GMP基準、DHC研究所で検査
239円/1個
ビタミンB6、B12のみ、栄養素少なめ

ショ糖脂肪酸エステル・結晶セルロースなど

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:C 妊娠中後期・授乳期:C-
16ピジョン葉酸サプリ
ピジョンの葉酸(カルシウム入)

400μg

化学合成の葉酸

ビタミンDを含む

GMP認定、ピジョン中央研究所にて
1,598円/1個
ビタミンB6、B12、鉄分を含むがビタミンCなし

食品添加物ありだが安全性は高い

ニオイなし、粒が小さく飲みやすい
妊娠前〜妊娠初期:C 妊娠中後期・授乳期:B-

ひつじが選ぶおすすめ葉酸サプリ

以上を踏まえて、ひつじが選ぶおすすめ葉酸サプリをランキング形式でご紹介します。ママの時期によって葉酸の摂取量も異なるため、妊娠前〜妊娠初期妊娠中後期〜授乳期のそれぞれでランキング付けをしてみました。

妊娠前〜妊娠初期におすすめの葉酸サプリ

【第1位】ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ
配合量400μg(4粒) / 120粒(30日分)
葉酸の種類天然由来(酵母葉酸)
栄養B12・B6・C全て配合、アミノ酸や美容成分も含む
NG栄養ビタミンEは含まれているが配合量に配慮
添加物香料・着色料など無添加
品質管理医薬品GMPで製造、農薬検査済
飲みやすさニオイなし、粒が小さく飲みやすい

総合評価:A+

(3,980円〜/1個)

総合的に見て、妊娠前〜妊娠初期で最もおすすめできるサプリメントはベルタ葉酸サプリです。天然由来の原材料を中心に妊娠前・妊娠中のママが摂取したい栄養をバランス良く配合しつつ、厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型の葉酸をしっかり摂取できます。香料・着色料を使わない無添加なサプリメントであることに加えて、製造過程においても通常健康食品で取得するものよりも更に厳格な医薬品GMP準拠の工場で製造されています。美容成分が含まれている点も、女性には嬉しいポイントですよね。総合的なバランスが良く、妊娠中後期にもおすすめできる葉酸サプリです。

【第2位】女性100人の声から生まれたAFC葉酸サプリ

AFCの葉酸サプリ
配合量400μg(4粒) / 120粒(30日分)
葉酸の種類天然由来(酵母)
栄養B12・B6・C全て配合、鉄やカルシウムも
NG栄養ビタミンDを7μg
添加物増粘剤等を添加
品質管理GMP準拠、放射能チェックあり
飲みやすさニオイなし、粒が小さく飲みやすい

総合評価:A

(1,800円〜/1個)

第2位の葉酸サプリはAFCが出している女性100人の声から生まれた葉酸サプリです。増粘剤等を添加している点は少し気になりますが、栄養素のバランスも良く、それでいて1,800円/月の安さはとても魅力的です。販売ページには記載がありませんが、葉酸の種類は酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸だそうです。GMP準拠に加えて、放射能チェックや等も実施されていて製造過程における安全への配慮も申し分無いです。

【第3位】ゆめやの葉酸サプリ

ゆめやの葉酸サプリ
配合量400μg(4粒) / 120粒(30日分)
葉酸の種類天然由来(酵母)
栄養ビタミンB6・B12・C、カルシウム・鉄も含む
NG栄養少量のビタミンD
添加物無添加
品質管理GMP準拠
飲みやすさニオイなし、粒が小さく飲みやすい

総合評価:A

(3,180円〜/1個)

第3位はゆめやの葉酸サプリです。他のサイトでもそれほど大体的に紹介されているわけでもなく知名度はやや低めかもしれませんが、値段も高すぎず、無添加で必要な栄養素がしっかりと詰まったバランスの良い葉酸サプリです。少量のビタミンDを含みますが、他の食品等で過剰に摂取し過ぎなければ問題無いでしょう。葉酸は、酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸です。

【第4位】はぐくみ葉酸

はぐくみ葉酸
配合量500μg(3粒) / 90粒(30日分)
葉酸の種類天然由来(オーガニックレモン)
栄養B12・B6・C全て配合、鉄分やカルシウムも配合
NG栄養脂溶性ビタミンなし
添加物気になる栄養素なし
品質管理GMP準拠、安全性の試験を定期実施
飲みやすさニオイなし、粒が小さく飲みやすい

総合評価:A

(3,980円〜/1個、初回のみ1,980円)

最近リニューアルして大幅にパワーアップしたのがはぐくみ葉酸です。500μgの葉酸を含み、その内の100μgをオーガニックレモン由来の天然葉酸、残りの400μgでモノグルタミン酸型の葉酸で摂取できます。初回は1,980円のお試し価格で購入できる点は魅力的ですね。継続のストップもいつでもメール1通でできます。天然葉酸を同時に取得できる点は、妊娠中後期以降を見据えてもおすすめできるサプリメントです。

【第5位】ママニック葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリ
配合量400μg(4粒) / 120粒(30日分)
葉酸の種類不明
栄養B12・B6・Cを含む、栄養素バランス良好
NG栄養ビタミンDを含む
添加物気になる添加物なし
品質管理GMP準拠、放射能、農薬検査済
飲みやすさ少し苦味あり、粒が小さく飲みやすい

総合評価:B+

(3,500円〜/1個)

第5位はママニック葉酸サプリです。葉酸の働きを良くするビタミンB12やビタミンC、そして妊娠初期のつわりを楽にしてくれるビタミンB6がバランス良く含まれています。カルシウムや鉄分の配合量も他のサプリとくらべて多く、亜鉛も含まれています。「ママニック」の名にふさわしく、ママに必要な要素が厳選されたマルチなサプリメントです。モノグルタミン酸型の葉酸ですが、唯一、配合される葉酸が何で作られているかが不明なのが気になります。

妊娠中後期〜授乳期におすすめの葉酸サプリ

【第1位】はぐくみ葉酸

はぐくみ葉酸
配合量500μg(3粒) / 90粒(30日分)
葉酸の種類天然由来(オーガニックレモン)
栄養B12・B6・C全て配合、鉄分やカルシウムも配合
NG栄養脂溶性ビタミンなし
添加物気になる栄養素なし
品質管理GMP準拠、安全性の試験を定期実施
飲みやすさニオイなし、粒が小さく飲みやすい

総合評価:A+

(3,980円〜/1個、初回のみ1,980円)

妊娠中後期以降における第1位は「はぐくみ葉酸」です。オーガニックレモン由来の天然のポリグルタミン酸型の葉酸(100μg)とモノグルタミン酸型(400μg)が同時に摂れる他には無い珍しいタイプの葉酸サプリメントです鉄分(10mg)やカルシウム(200mg)がたっぷり含まれており、鉄不足になりやすい妊娠中期以降のママをしっかりサポートしてくれます。また、やはり初回の価格が1,980円というのも魅力です。定期の場合でも、気に入らなければメールで連絡をすればすぐに継続停止対応をしてくれます。現在、別の葉酸サプリを飲んでいる方は、妊娠中期以降の乗り換えを検討してみても良いかもしれません。

【第2位】ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ
配合量400μg(4粒) / 120粒(30日分)
葉酸の種類天然由来(酵母葉酸)
栄養B12・B6・C全て配合、アミノ酸や美容成分も含む
NG栄養ビタミンEは含まれているが配合量に配慮
添加物香料・着色料など無添加
品質管理医薬品GMPで製造、農薬検査済
飲みやすさニオイなし、粒が小さく飲みやすい

総合評価:A+

(3,980円〜/1個)

妊娠中後期以降もベルタ葉酸サプリはおすすめです。ベルタ葉酸サプリにも、鉄分(16mg)やカルシウム(232mg)がたくさん含まれています。鉄不足になりがちな妊娠中後期のママを、しっかりサポートしてくれますよ。その他にも、野菜が21種類、ビタミンやミネラルが27種類、美容成分6種類と非常に多くの栄養素が含まれていて、ママ向けサプリメントとして完成度がとても高いです。妊娠前〜妊娠初期でのランク付けは第1位としましたが、妊娠前〜授乳期まで一貫しておすすめできる葉酸サプリです。

【第3位】女性100人の声から生まれたAFC葉酸サプリ

AFCの葉酸サプリ
配合量400μg(4粒) / 120粒(30日分)
葉酸の種類天然由来(酵母)
栄養B12・B6・C全て配合、鉄やカルシウムも
NG栄養ビタミンDを7μg
添加物増粘剤等を添加
品質管理GMP準拠、放射能チェックあり
飲みやすさニオイなし、粒が小さく飲みやすい

総合評価:A

(1,800円〜/1個)

第3位はAFCの女性100人の声から生まれた葉酸サプリです。妊娠前〜妊娠初期と同様に、妊娠中後期以降もおすすめできます。栄養素のバランスが良く、妊娠中後期に必要な鉄(10mg)やカルシウム(200mg)もたっぷり含んでいます。それでいて1,980円とリーズナブルな価格はやはり魅力です。増粘剤の添加物が含まれている点は懸念事項ではありますが、この安さで酵母由来の葉酸である点、GMP準拠・放射能チェックなど安全面への対策も抜かりがない点などから、自信を持っておすすめできる葉酸サプリです。

【第4位】ゆめやの葉酸

ゆめやの葉酸サプリ
配合量400μg(4粒) / 120粒(30日分)
葉酸の種類天然由来(酵母)
栄養ビタミンB6・B12・C、カルシウム・鉄も含む
NG栄養少量のビタミンD
添加物無添加
品質管理GMP準拠
飲みやすさニオイなし、粒が小さく飲みやすい

総合評価:A

(3,180円〜/1個)

知る人ぞ知るゆめやの葉酸サプリも、妊娠前から授乳期までママと赤ちゃんの健康を長くサポートしてくれる葉酸サプリです。鉄分の配合量は16.5mg、カルシウムは235mgと妊娠中期以降に必要な量を充分にカバーしてくれます。酵母由来のモノグルタミン酸型葉酸である点も、妊娠中後期以降は嬉しいポイントです。

【第5位】国産野菜の葉酸サプリ Lara Republic

LaraRepublicの葉酸サプリ
配合量400μg(4粒) / 120粒(30日分)
葉酸の種類不明
栄養B12・B6・Cを含む、栄養素バランス良好
NG栄養気になる点なし
添加物気になる添加物なし
品質管理GMP準拠、残留農薬・放射能検査済
飲みやすさ小粒だがニオイ強め

総合評価:B+

(2,980円〜/1個)

第5位は「国産野菜の葉酸サプリ Lara Republic」です。国産野菜パウダーを配合し、原材料にこだわり動物系素材は使用していません。葉酸以外にも鉄・ビタミン・カルシウム・ミネラルなどをバランス良く含んでいます。(鉄は7.5mg、カルシウムは210mg)美しく生きたいママを意識して、美容・健康成分も含まれているのも特徴です。天然素材を多く使っているためかニオイはややキツめなので、飲むなら妊娠中期以降が無難でしょう。葉酸の由来か確認できず不明な点が気になりますが、総合的には優秀な葉酸サプリで、特に美を意識している方におすすめできます。

ひつじのまとめ

凝り性なとらさんと一緒に葉酸サプリについて徹底的に調べていたら、書き上げるまでにとっても時間がかかり、そしてとっても膨大な量になってしまいました…。妊娠中や授乳中のママがなぜ葉酸を摂る必要があるのか?葉酸にはどんな種類があるのか?摂るなら、どんな葉酸がいいのか?などなど、ご理解頂けたでしょうか。

  • 葉酸の別名は造血ビタミン!ママの血を造り、赤ちゃんの健康を支える
  • 妊娠中の葉酸摂取は赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」の発症リスクを下げる
  • 授乳中に葉酸が不足すると赤ちゃんの脳や神経の発達が遅れる可能性がある
  • 葉酸にはポリグルタミン酸型(天然葉酸)とモノグルタミン酸型(合成葉酸)がある
  • 合成葉酸の中にも、天然型(天然成分由来)と化学合成がある
  • 葉酸の必要なのは妊娠前〜妊娠中〜授乳期まで、量は時期によって異なる
  • 通常の食事だけでは必要量に満たないため、葉酸サプリで補う必要がある
  • 葉酸サプリを選ぶ際は、葉酸以外の成分にも着目する

日本国内で販売されている主要な葉酸サプリは概ね網羅して徹底比較したので、葉酸サプリを選ぶ際は是非参考にしてみてくださいね。他の葉酸サプリも比較して欲しい!などご要望があれば、可能な限り対応したいと思います。コメントや問合せフォームからリクエストをよろしくお願いします。