人気のおしるこ・ぜんざいと、その違いを調査!関西では汁気があってもつぶあんならぜんざい?

おしるこ

冬になると大活躍するお餅。そしてお餅の食べ方として有名なものの一つがおしるこでしょう。肌寒い季節はスーパーやコンビニでもよく目にしますよね。実はこのおしるこ、カフェインが含まれていない上に身体が温まるので、カフェインを摂取したくない妊娠中や授乳中のママにぴったりのおやつなんです。お正月のお餅が余った時に大活躍です。今回はそんなおしるこ・ぜんざいのお話です。私もおしるこが飲みたくなってきました…。

おしることぜんざいの違い

おしるこはサラサラでぜんざいはツブツブ?

おしること同じように、小豆を甘く煮てお餅や白玉などを入れたものに「ぜんざい」があります。このおしることぜんざいの違い、はっきり言える人は少ないのではないでしょうか。我が家でも夫とそのことで口論になりました。夫いわく「おしるこはサラッとしていて、ぜんざいはツブツブ」だそうです。よくわからないことを言っているなともやもやしたので、広辞苑やインターネットを中心に調べてみました。

おしるこ(お汁粉)とは
小豆の餡を水で延ばして汁として砂糖を加えて煮、中に餅又は白玉などを入れたもの。漉し餡のものと粒あんのものとがある。

ぜんざい(善哉)とは
関西では潰し餡の汁粉。関東では栗餅・道明寺餅・白玉餅などに濃い餡をかけたもの

おしるこの認識は関東と関西で違う

なんだか文字を読むだけではよくわからなくなってきますね。関東では汁気の有無でおしるこかぜんざいを区別し、関西ではこしあんかつぶあんで区別しているようです。なので、前述している夫の発言「おしるこはサラッとしていて、ぜんざいはツブツブ」はあながち間違いではないということですね。

関東の場合

  • 汁気のあるもの(あんの状態は問わず) … おしるこ
  • 汁気のないどろっとしたもの … ぜんざい

関西の場合

  • こしあんをつかった汁気のあるもの … おしるこ
  • つぶあんをつかった汁気のあるもの … ぜんざい

その他にもその小豆を使ったかで「〇〇汁粉」みたいに呼び方が変わるようです。

気になるおしるこ・ぜんざいのカロリーは?

おしるこやぜんざいにはカフェインが含まれていないので、その点では妊婦さんや授乳中のママのおやつとしても安心です。しかし、妊娠中の過剰な体重増加や、産後ダイエットを気にするママが気になるのがカロリーでしょう。おしるこやぜんざいは小豆を砂糖で甘く煮ているため、決してカロリーが低いとはいえません。そしてお餅を入れているものは白玉団子よりもカロリーが高くなります。今回は、コンビニで購入できるおしることぜんざいの値段とカロリーをまとめてみました。

セブンイレブン

北海道十勝産小豆のおしるこ

毎年リニューアルして登場するセブンイレブンのおしるこには小さなおもちが2つ入っています。小豆は北海道十勝産の物を使用しています。お餅は焼いてあるところが特徴で、レンジで温めたときに食感を楽しめます。

  • 商品価格:270円(税込)
  • カロリー:321kcal

わらび餅&白玉くりぃむぜんざい

2017年から新発売したわらび餅&白玉くりぃむぜんざいは要冷蔵商品で、つぶあんと白玉の上に生クリームがどっしり構えてあって、そこにわらび餅が添えられています。ホイップクリームにコクがあり、甘さ控えめのつぶあんと相性抜群です。生クリームを使用していることもあり、おしるこよりもカロリーが高くなっています。

  • 商品価格:298円(税込)
  • カロリー:調査中

ローソン

とろーりゆずぜんざい

ローソンからはお汁粉が販売されておらず、こちらのゆずぜんざいのみの紹介です。小豆は北海道ゆめむらさき、もち玉には新潟県酸こがね餅粉を使用しています。セブンイレブンとは違い、ホイップクリームがのっていないためカロリーはぐっと低くなります。冷蔵のままでも美味しいのですが、温めるともち玉がさらに甘さが引き立ち美味しいです!添えられた柚子の皮がアクセントになり、甘いものが苦手な人でも美味しく食べられます。

  • 商品価格:260円(税込)
  • カロリー:232kcal

ファミリーマート

あずき香る柔らかお餅のおしるこ

セブンイレブン同様、リニューアルを重ねているファミマのおしるこは毎年年末に販売されます。北海道産の小豆を使用したつぶあんに、あずき茶を加えて小豆の風味感を出しています。国産の餅粉でできた焼き餅は、丸い形をしており温めると柔らかモチモチです。

  • 商品価格:268円(税込)
  • カロリー:353kcal

白玉クリームぜんざい

北海道産の小豆を使ったつぶあんの上にホイップクリームを乗ったファミマのぜんざいは、内容的にはセブンイレブンと似ています。もっちり食感の白玉は6粒なので、わらび餅より白玉が好き!な方はセブンイレブンよりもファミマがおすすめです。値段が安い分、量はセブンイレブンの方が多いかなという印象です。

  • 商品価格:240円(税込)
  • カロリー:315kcal
2017年1月現在の商品ラインナップを紹介しています。コンビニ商品は入れ替わりが激しいので、最新情報はコンビニ各社の公式ページをご確認ください。
授乳中のママは生クリームや白玉の食べ過ぎには要注意!
生クリームやお餅・白玉は、授乳中のママが食べ過ぎると乳腺炎になるリスクが高まります。授乳中の方は、生クリームやお餅が入っていないおしるこ・ぜんざいを食べた方が無難です。もちろん、身体との相性もあるので一概には言えませんが、食べ過ぎには注意してください。

ネットで買える!人気のおしることぜんざい

寒い冬はスーパーに買い物にでかけるのも億劫になりますよね…。今の時代は、暖房の効いた部屋でぬくぬくしながらパソコンでポチッと注文すればおしるこやぜんざいがお家に届くので、本当に便利になったものです。笑 我が家では、今年の冬は夫のとらが井村屋のぜんざいをネットで注文していました。口コミやランキングを調査して、人気のおしることぜんざいをまとめてみました。

安くて美味しい!井村屋のおしるこ・ぜんざい

スーパーでもよく見かけることが多い「井村屋」のおしるこ・ぜんざいは、ネットでもよく売れています。夫の受け売りではないですが…おしるこはサラッとしていて、ぜんざいは濃厚でつぶつぶです。また、井村屋からは材料の小豆や製法にとことんこだわって作り上げた一つ上の「ゴールドぜんざいシリーズ」も発売されています。1個あたりの値段が通常のぜんざいよりも高い(300円程度)ので、普段はなかなか手が出せません…。白小豆のぜんざいは、いつか一度は食べてみたいと思っています。

井村屋 お気に入りしるこ

井村屋 濃厚ぜんざい

井村屋 ゴールドぜんざいシリーズ

はごろものおしるこ・ぜんざい

はごろものおしるこ・ぜんざいも安くて美味しいと評判で、井村屋に次いで人気があります、おしるこには「こしあん好きの」ぜんざいには「つぶあん好き」のという枕詞が付いていて、さらっと感・つぶつぶ感がより強調されていますね。まるごと栗がはいった栗ぜんざいも発売されています。

はごろも こしあん好きのおしるこ

はごろも つぶあん好きのぜんざい

榮太樓のおしるこ

ゆであずき缶や和菓子のようかんを販売している榮太樓のおしるこも美味しいと評判です。和菓子屋ならではの製法で、小豆をふっくらと煮上げたおしるこに仕上がっています。こしあん・つぶあん共にありますが、ぜんざいではなく「おしるこ」の名称で売られています。値段は井村屋のおしるこ・ぜんざいよりもやや高いです。

おしるこ味のお菓子いろいろ…

しるこサンドって?

おしるこが使われたお菓子として有名なのが「しるこサンド」です。愛知県の老舗メーカー・松永製菓が販売しています。ビスケットの間におしるこを挟んで焼き上げたもので、ビスケットの甘さとほんのり小豆の甘さが抜群の相性です。おしるこをビスケットに挟むなんてよくそんなアイデアを思いつくなぁと感心しましたが、ビスケットにあんこを挟んだお菓子と考えると普通にありですよね。そのおいしさから、今では全国区で販売されています。

あの雪見だいふくからもおしるこ味が登場…!!

なんとあの雪見だいふくからおしるこ味が販売されていたのです。コンビニでは今のところ出会ったことがないので、今度近所のスーパーを探し回ろうと画策しています。1個あたり79kcalということで1パック食べるとしたら158kcalです。コンビニで販売されているおしるこよりもカロリーは低いので、お風呂上がりにぜひ食べたい一品です。

自販機のおしるこ缶に焼き餅を入れて簡単おしるこ!

冬になると自販機にはホット飲料が顔を揃えます。もちろん、おしるこもそのラインナップの一つです。おしるこにお餅や白玉を入れたいというときには、自宅まで持ち帰り、お正月に食べきれなかったお餅を焼いてスタンバイ。おしるこにお餅を入れたら自宅で簡単おしるこの完成です。

おまけ:おしるこはおやつ?

このお話を書いているときに、夫からおしるこっておやつなの?飲み物なの?と聞かれました。ぜんざいはツブツブなので「おやつ」で良いとして、確かにサラサラなおしるこは「飲み物」と捉えている人もいるのかも?おしるこは、自動販売機で缶で売っているのもよく見かけますしね。そんな疑問をTwitterで聞いてみたところ、大半の方は「おやつ」として認識していました。中には「カレーは飲み物だからおしるこだって飲み物!」というツワモノのママもいらっしゃいました。笑

ひつじのまとめ

ふとした疑問からおしることぜんざいについて調べてみましたが、結構なボリュームになってしましました。違いの境界線はやや曖昧で、地域によっても考え方は異なるようですね。

  • 一言でおしることぜんざいの違いを言うと「おしるこはサラサラで、ぜんざいはツブツブ」
  • 関東と関西で考え方が異なり、関西はあんの種類(こしあん・つぶあん)重視
  • おしるこ・ぜんざいはカロリーは高め!特に生クリームが乗ったぜんざいは高カロリーなので要注意
  • おしるこはさらっとしているけど飲み物ではなく「おやつ」と捉えている人が多い

寒い冬、カロリーに気をつけながらも、たまには自分へのご褒美として甘ーいおしるこやぜんざいでホッと暖まるのも良いのではないでしょうか。