人気の電気ケトルを徹底比較!デロンギ・ティファールなどおすすめの電気ケトルはどれ?

電気ケトル

ホットのノンカフェイン飲料を自宅で飲む時、みなさんはお湯をどうやって沸かしますか?やかん、電気ポット、電気ケトル…色んな方法でお湯を沸かすことができます。今回は、夜赤ちゃんが寝静まった後も簡単にお湯が沸かせる電気ケトルについてのお話です。

電気ケトルとは

kettle(ケトル)は英語でやかん、湯沸かしの意味があります。電気ケトルは文字通り、電気でお湯を沸かすキッチン用品です。飲みたい分だけ・使いたい分だけ沸かすことができるので、一人暮らしの人からも重宝されています。

電気ポットとどう違う?

電気ケトルと同じように電気でお湯を沸かす道具として、電気ポットがありますね。電気ポットと電気ケトルの違いを子育ての観点から簡単にまとめてみました。

容量の違いと重量

電気ケトルは家庭用の場合800mlや1.2Lタイプが人気のようです。電気ポットは2L以上のものがスタンダードみたいですね。そうなると当然重量も全然変わってきます。電気ケトルは本体重量が1kg以下のものがほとんどで、水を入れても片手で持てる重さです。しかし、電気ポットは本体だけで2kg以上あるものが多く、水を入れるとかなりの重さになります。水を入れるときや捨てる時には持ち運びは少し不便ですね。置き場所などを考えても、キッチンの邪魔にならないのは電気ケトルかもしれません。

保温機能の違い

電気ケトルはお湯を沸かしたあと、そのままにしておくと徐々に温度が下がっていきます。一方電気ポットは電源につながっている状態であればお湯の温度を一定に保つことができます。赤ちゃんのミルク作りにお湯を利用する場合は、いちいち熱湯を電気ケトルで沸かすよりはポットに入ったお湯を利用するほうが時間も手間もかかりません。電気ケトルには保温機能はありませんが沸かしたお湯を、保温機能のあるサーモスなどのステンレスポットに入れて保温しておくと数時間は温度を保てます。

電気代は電気ケトルの方がお得!

電気ケトルは保温機能がないことから、保温するための電力は必要ありません。電気ポットは一定の温度に保つために電気を使うわけですから、必然的に電気代は電気ケトルに比べると高くなります。節電モードなどの機能を利用したり、やかんで沸かしたお湯をポットに入れて保温機能だけ使ったりすることで電力は最小限に抑えることができます。

電気ケトルの方が衛生的

電気ポットのお湯は、使い切らないかぎりはずっと同じ水が入っていることになります。だいたい朝沸かしたお湯を夜までに使い切り残ったお湯を捨てるのが定番ですが、捨てるのを忘れてしまいずっと同じ水を使っていた…ということにもなりかねません。電気ケトルは、使う分だけ水を入れればいいので、新鮮な水を使用することができます。水道水のカルキ臭さもでないので、飲み物も美味しく飲めますよ。

家族の生活スタイルで使い分ける

どちらを使うのかは、それぞれの家族の生活スタイルに合わせるのが1番です。大家族であればお湯を使う機会も多いでしょうから、電気ケトルよりは電気ポットの方が効率がいいでしょう。逆に単身世帯や夫婦二人の生活であれば、お湯の使用量は少なくなるので電気ケトルで充分かもしれません。電気ケトルと電気ポットについて、赤ちゃん目線で使い分けをまとめてみました。

赤ちゃんにミルクが欠かせない場合

電気代はかかりますが、電気ポットで常にスタンバイしておくことがおすすめです。赤ちゃんのミルク用のお湯は70℃ぐらいなので、温度設定ができるタイプを購入しておくと便利です。タイガー魔法瓶の電気ポットであれば、70度の温度設定ができます。タイガー製品と聞くと、白色のいわゆる魔法瓶!な見た目のイメージが強いですが、最近ではデザインにこだわった電気ポットも発売されていますよ。

沸かしたお湯を適温に保つミルク用ポットを使うのもアリ

やかんや電気ケトルで沸かしたお湯を、赤ちゃんのミルクを作るために専用の赤ちゃんのミルク用ポットを購入するママもいます。支援センターで会った先輩ママが使っていたのが、コンビから出ている「調乳じょ〜ず」です。電子レンジでも調理ができて、楽ちんみたいですよ!

赤ちゃんがミルクを卒業したら

赤ちゃんが温かい飲み物を飲む機会よりも、大人が温かい飲み物を飲む機会のほうが多いでしょう。パパやママが飲む際にそれぞれがお湯を沸かして飲むとして、お湯を沸かす機会は少なくなります。大容量の電気ポットよりは、電気ケトルで少量ずつ沸かすスタイルがおすすめです。常に温かい飲み物が飲みたいというときには、1Lぐらいお湯を沸かして保温機能のあるステンレスポットに入れておけば温かい飲み物が飲めます。電気ポットで沸かしたお湯をそのままにしておくよりも、ポットに入れ替えて洗った方が衛生的です。ルイボスティー・黒豆茶・ごぼう茶・麦茶などはステンレスポットにパックをいれてしばらく放置するだけでしっかり味が出ますよ。いちいち沸かすのは面倒…というときには利用してみてください。

人気の電気ケトルはどれ?

Amazonで人気の電気ケトルを調べてみました。ブランドが有名なこともあって、一般的な用途の電気ケトルではティファールの電気ケトルが圧倒的に人気です。容量は1.2Lタイプの物が一番人気で、次いで0.8Lのサイズが売れています。ティファールと言えば白のイメージがありましたが、カカオブラックなど濃い色も人気を集めています。

コーヒーをよく淹れる家庭には、イギリスの代表的な調理家電のブランドであるラッセルボブズの電気カフェケトルが人気です。お湯を注ぐ先が細くなっていて、ハンドドリップコーヒーを淹れるのに適しています。お湯を電気ケトルで沸かして、そのままコーヒーの粉にお湯を注ぐことができるので、ドリップ用のポットに入れ替える手間が必要ありません。

その他、新興勢力として最近人気急上昇中なのがバルミューダの電気ケトルです。バルミューダは蒸気を使ったトースターなど高機能家電を売り出しているブランドとして有名です。電気ケトルもその例に漏れず、最高のハンドリングと注ぎごこちを追求して、ハンドルやノズルの形にこだわって開発されています。ラッセルボブズと同様に、注ぎ口が細くなっていて、コーヒーのハンドドリップにも沸かしてそのまま注ぐことができます。

ただし、製品開発にこだわっている分、他の電気ケトルと比べると値段はかなり高いです。ひつじ的には電気ケトルにここまでの金額を払うのは勿体無い…!と感じてしましますが、毎日コーヒーをハンドドリップで淹れている方であれば元は取れるかもしれません。コーヒー好きな夫のとらさんは興味津々なようですが、我が家には活躍中の電気ケトルがあるので買い替えはしません(笑)

我が家で活躍中の電気ケトル

デロンギ(DeLonghi )の黄色い電気ケトルが活躍中

もともと、お互いが一人暮らしをしていたこともあり、私も夫も電気ケトルを持っていました。一緒に暮らしはじめた時にどちらを使うか揉めましたが、私が使っていたプラスティック製のものを使っていて、夫の使っていたデロンギ(DeLonghi)の電気ケトルはキッチンのインテリアに…。しかしプラスティック製のものも寿命がきたのか、しばらくすると蓋が壊れてしまい、夫の利用していたデロンギ製の電気ケトルを使うことになりました。

使ってみてわかったのは、ステンレスなので錆びにくいということと、プラスティックではないので、高温により溶ける心配がないことでしょうか。ワンプッシュで蓋が開くところは便利ですし、水の量も見やすいですよ。あとは、カラーバリエーションが豊富なのでキッチンもスタイリッシュになります。

難点は、プラスチック製の電気ケトルより値段が高いところでしょうか。毎日ヘビーに使っていますが、今のところ壊れる気配もなくステンレスも綺麗なままです。長く使う予定の方であれば、十分に元が取れると思います。デロンギの電気ケトルはカラーバリエーションも豊富です。我が家では夫が昔チョイスしたイエローですが、他にもマゼンダやブルーやオレンジやグリーンなど、ビビットな色がラインナップされています。自分のお気に入りの色を選ぶことができますよ。

ひつじのまとめ

水を入れて数分待つだけでお湯が沸くので、忙しい朝でも大活躍なのが電気ケトルです。マグカップ1杯から簡単に沸かせるのが嬉しいですよね。私がたんぽぽコーヒー・夫が普通のコーヒーを飲むときでも、必要な量のみですぐに沸くので待ち時間も短くて済みます。ヤカンの場合には沸かしている間に火元を離れられないし、万が一熱湯がはねて娘にかかったらと心配になります…。電気ケトルはお湯が跳ねることもないですし、空焚きの心配もありません。夫の夜食であるカップラーメン作りにも最適です。やかんや電気ポットをお使いのご家庭も、手軽にお湯が沸かせる電気ケトルの便利さを改めて見直してみてはいかがでしょうか?