そこの妊婦さん!カフェインレス緑茶をご存知?粉末やティーパックで手軽にデカフェ

カフェインレス緑茶

寒い冬に飲みたい飲み物といえば、温かい緑茶でしょう。しかし、緑茶にはカフェインが含まれています。妊娠中や授乳期のママはカフェインの存在を気にして飲まないようにしているという人もいるでしょう。実は粉末タイプやティーパックの緑茶でもカフェインレスタイプが発売されているのです!

緑茶のカフェイン量

コーヒーよりは少ないけれど…

あたたかい緑茶

コーヒーや紅茶に次ぐカフェインが含まれた飲み物のイメージが強いのが緑茶かもしれません。

レギュラーコーヒー1杯(150mg)に含まれるカフェイン量は約100mgです。

そして緑茶や抹茶には150mlあたり下記の量のカフェインが含まれているといわれています。

  • 抹茶:50mg
  • 緑茶:30mg

世界保健機構(WHO)で推奨されている妊娠中のカフェイン摂取量の上限は300mlと言われています。

コーヒーや紅茶などの他のカフェイン入り飲料に加えて、やはり緑茶の摂取量も気を付けたいですね。

抹茶と緑茶の違いって?

茶葉

「あれ?そういえば抹茶と緑茶ってどう違うの?」という素朴な疑問をもつ人も多いでしょう。

抹茶と緑茶の違いを、一言でまとめてみます。

  • 抹茶は、茶葉を蒸して乾燥させ粉末状にしたもの
  • 緑茶は、摘んだ茶葉を蒸し乾燥させたもの

同じ茶葉を蒸して乾燥させているのに、どうしてカフェイン量が違うのか…それは茶葉が若いか成熟しているかの違いです。

若い芽を摘んでつくられる抹茶には、成熟した芽を摘んでつくられる前茶などに比べてカフェインの含有量が増えるのです。ちなみに茶葉の中でも最高級と言われる玉露になるとカフェインは150mlあたり約180mg含まれていると言われています。

Amazonや楽天で人気のカフェインレス緑茶

三井銘茶 カフェインレス緑茶 煎茶

水でもお湯でもすぐ溶ける粉末タイプです。カフェイン残存量0.001g未満(1杯0.7gあたり)のため、安心して緑茶を楽しめます。

厳選された国産茶葉と宇治抹茶による本格的な味わいをカフェインレスで堪能できますよ。

国太楼 おいしいカフェインレス深蒸し茶

カフェイン0.001g未満のインスタント緑茶で、宇治抹茶の鮮やかな色とまろやかな味わいが特長です。

静岡県産の緑茶エキスを使用しており、スッキリとした味が楽しめます。

粉末タイプのため、自分で飲む量を調整できるのはありがたいですし、子どもが飲みたいと言ったときに安心して与えられるのは子育てママとしてはうれしいですね。

ティーブティック やさしいデカフェ ほうじ茶

なんと、ほうじ茶のカフェインレスティーもありました。

ほうじ茶独特の香ばしさと、まろやかで渋みの少ない、飲みやすい味わいが楽しめます。

ちなみに「ほうじ茶」とは前茶や番茶を焙煎したものです。クセのない味のため、緑茶と同じくらい食事との相性バッチリです。

ティーパックでお湯を注ぐだけなので支度も楽ちんですし、カフェインカットされて楽しめるのは嬉しいですね。ちなみに使用されている茶葉はベトナム産のようです。

ひつじ
ん?これだけカフェインレスとデカフェという文字が繰り返されると、この2つってどう違うんだっけ…とわからなくなりますよね。ということで少しおさらいしてみましょう。

それぞれのカフェイン含有量をまとめてみました。

  • ノンカフェイン…カフェイン量:ゼロ!
  • カフェインレス…カフェイン量:全体の0.1%(コーヒー1杯:150mlで0.1mg〜1mg程度)
  • デカフェ…カフェイン量:規定なし(規定が無い分、カフェインレスより含有量がやや多い傾向あり)

カフェインレス緑茶をペットボトルで飲むなら

緑茶を飲む時は、急須で入れたりティーパックで飲むという人も多いでしょう。

ペットボトルで気軽に飲みたいという人におすすめなのが キリン 生茶デカフェ カフェインゼロです。

ちょっとお値段は高くなりますが、コンビニやスーパーでも購入できます。妊婦さんや授乳中のママにもおすすめですよ〜。

カフェインゼロ生茶が「生茶デカフェ」にリニューアル!味・成分の変化を飲み比べてレビュー

2017.05.30

さらに、抹茶好き女子におすすめはこちら!カフェインレスの抹茶飲料が楽しめます。

妊娠・授乳中の抹茶好きママに朗報!ノンカフェイン抹茶飲料のススメ

2016.11.08

ひつじのまとめ

今回はカフェインレスの緑茶・抹茶についてまとめてみました。

カフェインレスコーヒーの認知は広まりつつありますが、同じようにカフェインを除いた緑茶があるのを知らない人は結構多いみたいです。ほうじ茶にもカフェインレスがあることは、今回調べていてひつじ自身もはじめて知りました。

特に妊婦さんや授乳中のママは、緑茶と言えどカフェイン量には気を付けたいところ。カフェインレスの緑茶なら、赤ちゃんのためにも安心ですね。