カフェインが授乳中のママと赤ちゃんに与える影響

カフェインが授乳中の赤ちゃんに与える影響

カフェインが妊娠中のママと赤ちゃんに与える影響については以前別の記事で紹介しましたが、今回は産後のカフェインとの付き合い方についてのお話です。産後は妊娠中我慢していたコーヒーや紅茶が自由に飲める!と喜ぶママもいるかもしれませんが、実はまだ早いのです…。

赤ちゃんとカフェイン

赤ちゃんは母乳を通してママが食べたり飲んだりしたものを、そのまま身体に入れることになります。その際、カフェインが多く含まれたものを摂取していると、どういったリスクがあるのか、またはどん症状になるのかまとめました。

乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスク

それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息といった理由以外で寝ている間に突然死亡する乳幼児突然死症候群(SIDS)は、カフェインを過剰摂取し続けてその母乳を飲んだ赤ちゃんに発症する可能性が高いと言われています。原因ははっきりとされていない病気なので、避けられるリスクは避けてあげたいですね。SIDSのリスクについては、厚生労働省でも注意を呼びかけています。

赤ちゃんがなかなか寝付かなくなる

カフェインの覚醒効果により、赤ちゃんもなかなか眠れなくなります。ただでさえ大変な育児なので、できれば赤ちゃんには寝れるときにぐっすり寝てもらえるとママも楽になると思います。

赤ちゃんが不機嫌になる

脳への刺激が強すぎると、興奮状態になり、落ち着きがなかったり不機嫌になることがあります。機嫌が悪いと、いつもより泣く回数が増えて、あやすパパやママも疲れ果ててしまう…なんてことにも。

母乳とカフェイン

ママがカフェイン飲料(例えばコーヒーなど)を飲んだ場合、そのうち約1%が母乳の中に入ると言われています。母乳を飲む赤ちゃんは、もちろん体内にカフェインを取り入れることになります。母親学級や産科などで推奨されている1日2〜3杯以下であれば、赤ちゃんに悪影響を与えることはないようです。過剰摂取してしまうと、上記で紹介した症状が現れるので気を付けてください。

飲みたくなったら…

とはいえ、やはりコーヒーが飲みたいというときもあります。大人の場合、体内にカフェイン入ってから排出するまでに約5時間かかるそうです。一度授乳した後であれば、数時間は授乳しないというママも多いでしょう。そのため、飲むとしたら授乳し終わった直後のタイミングがおすすめです。赤ちゃんが寝たタイミングで、ほっと一息するのもリラックス方法の一つですね。

やっぱりおすすめはカフェインレスコーヒー

もしコーヒーを安心して飲みたいのであれば「カフェインレスコーヒー」がいいでしょう。カフェインレスは約90%のカフェインをカットしているので、カフェインを摂取するとしても少量で抑えられます。インターネットから有機栽培などこだわりの豆を使った商品なども購入できますが、お値段重視であれば楽天ショップのカフェインレスコーヒーがおすすめです。その他、スーパーのプライベートブランドでも、比較的割安で購入できますよ。

尚、カフェインレスの意味についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

赤ちゃんを持つママが知っておきたいノンカフェインとカフェインレスの違い

2016.08.16

とは言え、カフェインレスコーヒーにも極微量のカフェインは含まれています。カフェインゼロ(ノンカフェイン)でコーヒーの味を楽しみたいのであれば、たんぽぽコーヒーを飲むのが良いでしょう。のんカフェ・イチオシのたんぽぽコーヒーは「ぽぽたん」「AMOMAの無農薬たんぽぽコーヒー」です。

「ノンカフェインたんぽぽコーヒー ぽぽたん」のレビューと口コミ

2016.09.24

「AMOMAのたんぽぽコーヒー」のレビューと口コミ

2016.09.23

ひつじのまとめ

妊娠中同様、授乳中もカフェインはあまり摂取しないほうがいいということがなんとなく伝わったでしょうか。抑えておきたいポイントはこちらです。

  • 1日2〜3杯に留める
  • 飲んだあとすぐに授乳しない
  • カフェインレスコーヒーやたんぽぽコーヒーを選ぶ

飲み方を工夫したり、適量を守って飲めば、赤ちゃんやママにとってマイナスになる影響はでません。なにごともっほどほどに…ということですね。授乳期が終われば安心して飲めるので、あともうひと頑張りです!